爪水虫に悩んでいる方の間で話題となっていいるクリアネイルショットですが、効果なしという情報もネット上に見受けられます。爪水虫は何としてでも解決したい悩みとはいえ、決して安い買い物ではないですから効果なしという情報は気になりますよね。

クリアネイルショットを効果なしと評価している方には、使用上の注意点をよく理解せずに使用しているケースもあるようです。現在既にクリアネイルショットを使用していて効果がないと感じている方も、これからクリアネイルショットを使用してみようと検討している方も、使用上の注意点をしっかり押さえてクリアネイルショットの効果を実感したいものですね。

クリアネイルショットの効果が出るまでにはどれくらいの期間を要するのでしょうか?

使用した方の感想を見ると、最初の数週間は特に爪に変化は感じられなかったそうです。足の爪は固いタンパク質からできていて、薬液が染み込みづらいですし、生え変わりのペースも手の爪よりもゆっくりです。クリアネイルショットのジェルが浸透し患部に効果を発揮し、爪が生え変わってくる頃がクリアネイルショットの効果が感じ始められる時です。

2週間~1か月は効果が感じられないかもしれませんが、爪の濁りやごわつきの範囲が広がることは抑えられているのが感じられるはずです。使用後1か月~3か月で、患部の爪が綺麗になってきたという実感が出てきます。爪が徐々に生え変わり、新しく生えてくる爪は白癬菌に侵されていない状態になるはずです。

効果が感じられないからといって早々にクリアネイルショットの使用を中止してしまうと「効果なし」という評価になるのかもしれませんね。

新しく生えてくる爪を白癬菌に感染させないためには、患部だけでなく爪の生え際なども含めて広い範囲にクリアネイルショットを塗布することが必要です。患部だけに塗っていたのでは爪水虫は撃退できません。爪全体、爪の生え際、爪と皮膚の間にしっかりとクリアネイルショットを塗ることで白癬菌の繁殖を抑えることができ、効果が実感できるはずです。

クリアネイルショットを使用するタイミングも重要です。クリアネイルショットは入浴後、足全体を綺麗な状態にしてから使用するようにと説明に記載があります。これは清潔な状態の足に塗布するためだけでなく、入浴後の爪が柔らかくなった状態の方が有効成分がが患部に浸透しやすいからでもあります。入浴後、水分をしっかりと拭き取ってからクリアネイルショットを使用しましょう。
クリアネイルショットは入浴後1日一回の使用で効果を発揮します。

クリアネイルショットの効果を実感するためには使用を継続すること、使用法を守ることが大切です。効果なしと早々に諦めず、毎日使い続けて綺麗な爪を取り戻しましょう!

⇒クリアネイルショットを試してみたい方はこちら