大学を卒業して、新卒で入社した会社は約3ヶ月間同期全員で、宿舎で研修をしました。
その宿舎の部屋は8人部屋で、ほぼ皆裸足で過ごし、お風呂は皆が共通の大浴場でした。

研修が始まり1ヶ月経ったあたりから、足の指の間が痒くなってきて、病院にいったところ水虫と言われました。
おそらく共同生活で感染してしまったようです。

薬を1日に2回塗り、裸足では歩かないようにしましたが、やはりなかなか治りませんでした。
研修が終わり、一人暮らしを始めて、やっと水虫が治りかけました。

薬を塗ったあとは足の指の間に脱脂綿を挟み、足同士が干渉しないようにしたり、1日に5回以上ストッキングや靴下を取り替えるようにしました。

ただ、実家に帰省したり、大浴場などにいき裸足で歩いたりするとすぐに足の指の間が痒くなり、水虫が再発するようになりました。
水虫があることで、フットネイルやフットマッサージは、足を見られることが恥ずかしく絶対に行けません。

また、夏場裸足でサンダルを履いていると、なんとなく足が蒸れて痒くなっている気がして、気になって仕方ありません。
今では夏場でも、5本指に分かれた通気性の良い靴下を履いて、常日に3足以上替えの靴下をバックに入れて持ち歩いています。